[大人の亀有] 2018年は街の喫茶店も応援します!今回は、きれいな日本語対応がうれしい亀有【ラッキー2号店】



こんにちわ。

寒くてもチャリに乗るオトカツです。

2016年からは居酒屋さんを、2017年はランチも、と取り上げるお店の幅を広げてきましたが、2018年はいよいよカフェや喫茶店も取り上げていきますね。


いままでも、堀切のUTTSや、東堀切のヴィゼ・ポレール、亀有のサードプレイスカフェなどを取り上げてきました。

大手カフェチェーンが席巻する中、独自のスタイルでカフェを経営していくお店は、ぜひ応援していきたいですね。

さて今回は亀有です。

ランチを食べ損ねて、亀有でいわゆるランチ難民となってしまったオトカツは、北口をふらふら。


昭和感満載な外観。

コーヒー専門店ラッキー

ランチ難民としては、こちらもラッキー!

関連ランキング:喫茶店 | 亀有駅

広い間口のお店でしたが、奥行きも広い!

カウンター7,8席、テーブル30席ぐらいあるでしょうか。

家具も木製の温かみのあるものばかり。


何を頼もうかなぁとメニューをみると、なんと、モーニング500円なんていうのもあるじゃないですか。


これは次回狙ってみようかな。

今回はランチセットから。

ナポリタン、カレーライス、和風スパ、生姜焼き。

どれも喫茶店のランチですね~。

悩んだ結果、ナポリタンに。


ほどなくやってきました。

ナポリタンランチ。

かなり多めの、女性には多いくらいのナポリタンに目玉焼きが乗っています。

右にサラダ。奥にコンソメスープ。

フォークとの間の小さな器にはヨーグルト。

かんぺきです。

喫茶店のナポリタンの王道です。


麺はやや太め。

以前喫茶店のナポリタンのパスタは、立ち食いそばと茹で方が一緒、と聞いたことがあります。

下ごしらえの際にいったん茹でて水分を含ませて、くっつかないように油で和える。当日注文が入ったら具材ともに加熱する。

そうすることで調理時間が短縮できるそうです。

立ち食いそば屋さんと原理はいっしょかもしれませんね。

あ、このラッキーさんの調理法がこの通りかどうかはわかりません。


食べ終わってころにコーヒー。

本当はこのお店、コーヒー専門店です。

自家焙煎です。

ただ、今回はランチメインでコーヒーの味をしっかり楽しめていないので、このあたりは次回記事にします。

ラッキーの素敵なところは、料理やコーヒーだけじゃないんです。

午後の時間帯、女性三人で切り盛りしていましたが、どの店員さんも日本語がきれい。

料理を持ってきた方は「お待たせしました。ゆっくりあがってくださいね」と言葉を添えました。

「召し上がってくださいね」という言葉もあまり聞かなくなって昨今ですが、たべることを「あがる」という尊敬語を使っています。

ほんとうに久しぶりに聞いた日本語でした。

ちょっと感動的。

その一言だけでも、また行きたくなりました。

ラッキー亀有2号店喫茶店 / 亀有駅
昼総合点★★★★ 4.5

コメント